スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日。

今年はブログへの気合いが足りない年でしたね。
大晦日まで毎日更新!とはなりませんでした。

今年は色々と考えさせられ、
生きることについて
誰もが考えた年だと思います。
正直、大晦日が迎えられることは奇跡な気がする。
無事に今年を過ぎ行くことはできるのかなと考えておりました。

個人的にも、
年を重ねて環境が変化するということと、
向き合わなくてはいけない1年でした。

来年はどうなるのかな。
どうやって生きていこうかな。

暗くならずに愉しむことを忘れずに
過ごせたらと思います。

今年お会いして下さった皆様、
交流して下さった皆様、
ありがとうございました。
また来年も宜しくお願いいたしますね(*^^*ゞ

皆様がよいお年を迎えられますように☆
スポンサーサイト

Chara Very Special tour 2011

寒い中、昨日は渋谷公会堂にて、
Charaちゃんのtourfinalを祝って来ました!
20周年おめでとうなのです。
Charaちゃんが元気で、テンション高くて
安心したし、こちらも元気と心の栄養を貰いました☆
本当に、昨日はCharaがノリノリで、
こちらが嬉しくなって
ちょっと泣いた。

最高のライブでした。
Charaの考え方や、在り方が好きで、
そこを尊敬しているから、
Charaの音楽を愛しているのだと、
再確認しました。

ラストまで、客席もオーラバンドのメンバーも
Charaちゃんも大盛り上がりでした(≧∇≦)

♪伝言♪について、
アーティストとして、人間として、
手を差し伸べたいという
Charaの想いを受け取り、
また歌に涙。
格好だけではなく、魂から寄り添っている感じで、
温かかった。

セトリはこちら。

01:カウントダウン
02:ゆらしたがる
03:永遠の詩
04:Toy Soldier
05:Dark Candy
06:ここにいて
07:真夜中の約束
08:タイムマシーン
09:月と甘い涙
10:Swallowtail Butterfly ~あいのうた~
11:ミルク
12:メドレー(FANTASY~HAPPY TOY~heaven~あたしなんで抱きしめたいんだろう?~DUCA〜しましまのバンビ~Junior Sweet~恋をした)
13:わかんない
14:やさしい気持ち
15:伝言
16:才能の杖
EN-1:Rachel
EN-2:世界

ライブ記事はこちら→http://ro69.jp/live/detail/62047

そうそう、昨日、唯一残念だったのは、
義援金になるグッズが売られて無かった事。
あのタオル&キャンドル欲しかったのに。
ネットで買うか。
欲しかったトートは売り切れてなくて良かった。
幸せでした♪

その妹

くりすますぷれぜんと

昨日は、高校の親友たちと
クリスマス会兼忘年会でした。
久々飲んだー。
シャンパン好きなのかも。
炭酸苦手なくせに。

プレゼント交換とかしてみました。
親友様のセンスの良さに感激。
だって、ハートだよ?
可愛すぎる。
愛さんを飾ろう←

スージーズーの湯たんぽも素敵。
温かアイテムありがとう!!
楽しいひとときでした。

今日は、三軒茶屋はシアタートラムまで、
「その妹」を観に行って来ました。
寒かった。
そして、足が吊る(;;)
多分、循環が悪い。

舞台は、
武者小路実篤の原作のお話。
将来有望だった画家が、戦争で失明し、絶望する。
けれど、その兄の才能を信じて、
時には目となり杖となり、光となり、
兄の希望である妹。
二人は寄り添うように生きて行くのだが、
時代の波、人々の残酷な罠、過酷な現実が待ちわびていて…。

兄:広次役の市川亀治郎の盲目者の演技力は、流石の一言。
時に見栄を、虚勢を張るものの、内側では目が見えなくなった自分を受け入れられていない。
現実がまさに見えなくなっている部分もある役。
それでも、「生きてやるんだ!強くいるんだ!」という負けず嫌い根性、情熱が
見えました。
女形出ない時も素敵ですねwwww
これ以降、「猿之助」になったら現代劇にはあまり出ないだろうと
思うので、観に行けて良かった。

妹:静子役の蒼井優も好演していました。
何よりも、愛情と理想と現実の中で、
自分の信念を持ちつつ、兄を支え、現実と一番きちんと向き合っている姿に、
女の底知れぬ強さを感じました。
あと、原作もそうなのだと思うけれど、言葉遣いが丁寧。
最近の日本では聞けないような女性の話し方に恍惚。
私も、気をつけようw

全体的には、虚しくも哀れなお話なのだけれど、
「男」と「女」の考えの違いや生き方の違い、
それでも生きていかなければならないという、時代背景などが見えて、
見応えのある作品でした。
全体的に早口な演出でした。

「理想を追う男性と現実を生き抜く女性」が良かった。
段田さん演じる西島の妻を演じた秋山菜津子さんは流石。
もう、格好良いよ。
もっと、腹の中に抱えている事を出していくのかと思った。
それでも良いかと思う。秋山さんの悪女、秋山さんの怖い女も見てみたかった。
西尾まりちゃんが出番少なくて残念。
段田さんは、こういう役ばかりな気がするのは…
そういう時しか見てないからですよねw

公演は26日までです。
結構、年配のお客様が多かったことと、
若い?方が「亀治郎さん初めて見たけど凄かった~」と言っていて、
よしっ!!と、心の中でガッツポーズw
来月は、歌舞伎です♪♪♪楽しみ~(≧∇≦)

で、明日は、お宮参りに行って参ります。寝なきゃ。

おいっちに。

折笠愛様、お誕生日おめでとうございます!!
の、日です。
大切な日ですね。
まぁ、私としては何も変わらないんだけど…
もうそんな時期かとは思う。
ケーキとか食べれば良かったなぁ。

今週末に
会のクリスマス会があって、
その準備をしなきゃいけないのですが、
あまりやる気が無いので(両親は動いてくれているのに!
気持ちが沈んで仕方ない。
そして、全て後回しにしちゃってる自分が情けない。
そろそろ動き出さないとなとは思うんだけれど。

おいっちにの日も来たし、
もう年賀状書いて冬眠したい心境ですが、
頑張らなくちゃな!!

年末のCharaちゃんを励みに頑張ります(--)/

明日は(≧∇≦)

姪が1泊2日で遊びに来てました。
私を見ても、泣かない姪ですが、
(代わりにニヤリと笑われる)
今回は、昨日、
「あんたなんて私の眼中に無いのよ」
というくらい敢えて無視という酷い仕打ちを受けました。
酷い、ピアノも買ってあげたし、
玩具の木琴も選んであげたじゃない!(笑)
今日は帰り際、
疲れたせいかずっとパパっ子。
パパー!!!と、泣いておりました。
まあ、今のうちだよ兄様(  ̄▽ ̄)
そのうち、パパいやーになるよ、うしし。
私はファザコンだけどな( ・ε・)

相変わらず賢い姪には、
散々楽しく笑わせて頂きました。
多分、大人の方が遊んで貰ってる(^_^;)
営業お疲れ様ですって感じ(;^_^A

さて。
明日は1212ですね。
なんの日か分かりますね?(強要w
1212が終わると、1年もうすぐ終わりだなって思う(^_^;)
友人にもHappyBirthdayメールしなきゃ。
毎年覚えていてくれてありがとうって言われる度に、ちょっと心が痛むのw
もうだいぶ会ってないなあ。
そらそろ、現実を生きるべきだなと思う最近なのです。

久々すぎてもう。

うわ!
ブログをこんなに更新していなかったなんて。
吃驚。
そりゃあ、今日が何日か分からなくなる訳です。

えーと…。
ブログの意味とか、
人に伝える事の意味とか、
そういう事を考えてたら、ぐるぐるしてしまって。
別に私がどう思って何して生きていようが関係ないだろうなんて、
身も蓋も無い事を言ってしまったり、思ってしまったり。
最近、何だか考え込む事が多い。
でも、結論から言うと、何でも良いのです。あまり考えてはいない。
曖昧と言うか中途半端と言うか
必要なもの以外は捨ててしまいたい。

12月になると、早く新年にならないかなって思う。
きっと、その変わり際が急かされるみたいで厭なのだ。


さて。
先日、久々にお茶しに行きましたけど、
ワッフル美味しかった!!
そして、結構、まったりできた。
良い時と悪い時の差が酷い。
私も。相手は変わらないのだから、むしろ私が。
雨で寒い!とか言ったら、午後、ちょっと暖かくなったし。
最近、夏の方が苦手かもしれない。

嬉しい事。
ネット社会って便利だね―。
今更かよ!って、思うけれど、
10年来の文通相手と、ピグチャット出来た。
リアルタイムってステキ。
愉しかった。超楽しかった。

そんな日々。

なかなか、原稿のラストまで行けず、
その前に私が飽きてしまって(ヲイ
ぐらぐらな日々です。


最後に、素敵愛さん情報。
所属事務所アクセルワン様が、
来年度のカレンダーを発売して下さいました!!
ありがとう、森川速水社長!!(ちょっと違うw
表紙の愛さん(きっと後でプロフィールに使われる)が
もう、本当に可愛くて可愛くて可愛くて(鼻血
嬉しすぎるアイテムです。
あと、カレンダー紹介のところに、
「水島大宙も期待を裏切りません!」
って、書いてあって吹いたwwwww
どんだけTAKAさんはネタなのwwww
スタッフからもいじられるなんてw
きっと、良い人なんだろうなw

アクセルワンカレンダー発売は、こちらまで
もう結構、売れているらしい。
人気声優しか所属していないものねw

またグッズが増えると良いな~♪
ブロマイドとか、ファイルとか、テレカとか。



ごめん、全部、バオバブのグッズだった…。
ファイルにはサインを入れて貰えたのが、
良き思い出だよwww
愛さんが選んで下さったのなら、尚の事嬉しいけれど、どうかしら。

さて、原稿に戻ります。

マネーボール

月1映画デー♪
今回は、「マネーボール」でした(*^^*ゞ
予告を見た時から気になっていたので。
母の方が私より野球好きだし。
実在するアスレチックスのGMのお話。
敗けが込んでいるチームには、
高い買い物(高額な年俸の選手)ではなく、
地味でも、出塁率の多い選手を獲得するということ。
チームという組織を、経済的な統計で考えて、
いかに勝てるチームにするかというお話。
小説を基にした作品です。
読んでないけど、『もしドラ』は、
この本からヒントを得たのかなとも思えたし、
ID野球にも繋がる話だなあと
思えて、凄く面白かったです(≧∇≦)

あと、トレードの話とか、やはりうち(日ハム)の事を考えてしまって、
結局は雇われてる社員のようなものだろうな、
花いちもんめに似てると思って切なくなったり(T_T)
直人は戻ってこないのかしら。
紺ちゃんお帰り(^_^)/~~

二時間ちよっとあった映画ですが、
そんな長さを感じさせない、
内容の濃い作品でした。
肝心の野球シーンは少ないから、
根っからの野球ファンには物足りないかも。
でも、
20連勝のシーンとか力込めて見てしまった!(>_<)
やっぱり野球って心臓に悪いw

9回裏2アウトまで計算できないから面白いともいえるんだなと、
早くも野球を観たくなりました!

そして、
やっぱり幾つになっても
ブラッドピットは格好良い(≧∇≦)!!
素敵でした。演技もうまい。
また娘役の子も良かった!
補佐する経済学部卒の彼も良かった。

久々に面白い洋画を見ることができました(^ω^)

アマデウス(長いw

今更、アマデウスの感想をば。

出演は…書かなくても良いですよね?
一応。

サリエーリ:松本幸四郎
モーツァルト:武田真治
コンスタンツェ:内山理名


★感想★

舞台が始まったら、人形かと思っていた物が急に動いて吃驚!!
幸四郎さんでしたwwwwww
開場17時でしたけど、30分も舞台上にいらしたのですかwww
本当、吃驚。

そして、幸四郎さんは舞台出ずっぱり。
チラリ、ミュージカルではないんだよな・・・?と、
思っていたけど、ミュージカルではない分、
濃厚で濃密で、人間の心理を繊細に表していた舞台でした。
それでいて、何処かお茶目で優雅な物語だったのは、
やはり幸四郎さんのお力なのでしょう。

皇帝の寵愛を受ける宮廷作曲家、サリエーリの嫉妬、焦燥、嫌悪、絶望と
モーツァルトの輝き、無垢、才能、そして孤独が
対照的で、哀愁という言葉を思い浮かべてしまいました。
ラストへ向かう勢いと迫力に、
前のめりで観入ってしまいました。
素晴しかった。
じつに、素晴しかった。

今回、武田君目当てで行ったのですが、
本当に良かった。
実は、市村さんや幸四郎さんなど、大御所に認められている武田君。
今回も、幸四郎さんからのラブコールだったのかな?と思えるほど、
ハチャメチャで子どもっぽく、単なる不作法な今風の若者ヴォルフガングが、
天才ゆえに、孤独に愛を求め、衰えていく様を
見事に好演したと思います。
あんなに凄い役者さんだったとは!!!wwww
今回の舞台、幸四郎さんは勿論ですが、武田君の演技があってこそと言っても
過言ではないように思います。
ちょっと贔屓目かな。
でも、評価されて欲しい。

そして、コンスの内山さん。
良かった。
中川君との『頭の中の消しゴム』朗読版を行けなかった事が悔やまれる。
バカップル丸出しのコンスから、
最後、母性すら感じさせる姿に、
ああ別に悪妻とかじゃなくて、フツウだったのかな…。
と、新しい見方ができました。

もう、ミュージカルM!好きの私としては、
「モーツァルトの父親はザルツブルグで、大司教に仕えており…」
の科白だけで、
コロレド@祐一郎が浮かんで、笑いそうになったり、
モーツァルトの子どもっぽさは最早、仕様だと思ったりwww
もう、M!から離れられませんでした。
最高だな、M!(笑)
でも、M!は、流石に年齢的に
武田君は演じられないかなとも思う。
歌は何とかなると思うけど(°∇°)
一人、一回公演してしまうくらい、リハには余念が無い真治さんですww

ブラッド・ブラザーズもだけど、
武田君は衰え、破滅の道に歩んでいく人物を演じるのが
異様に上手い。
この「アマデス」の中のモーツァルトは、
古くは江守徹さん、
最近だと幸四郎さんの息子の染五郎さんが演じていらしたそうだけれど、
それはそれで全く違う舞台になっただろうし、
武田君だからこそ、
サリエーリの嫉妬や狂気が分かりやすかった部分もあるかなとも思いました。

劇場を出る時、
昔の舞台も見たというご夫妻がしきりに
「江守徹や染五郎より武田君が合ってたね!」
「良かったわね~武田君」
とお話されていたり、
中高年のご夫妻が
「今日は武田君を見られて良かった」
と、仰っていらしたり。
うんうん、良かったでしょ!って、
私まで嬉しくなりました。

M!を武田君で演じたら、
私の大好きな「南君の恋人」になっちゃうじゃない、ナンネール!!(今気付いたw
M!観たいなあ。来年はなさそうだしな…。


とはいえ、
やはり幸四郎さんの重厚な演技に勝るものはありませんでした。
あの役は、幸四郎さんだから出来るのだと思います。
あ~良いもの観たあ。

歌舞伎での幸四郎さんも観たいのです♪
そして、エリザでの武田君もw

プロフィール

しっぽ

Author:しっぽ
好きなもの:折笠愛・小林優子・カーディガンズ・江國香織・森茉莉・紅茶・演劇鑑賞

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

☆おすすめ☆

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。