スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族はつらいよ

もう何だか人生に疲れちゃったので、
ママンと月イチ映画に行って来ました、しっぽです。
なんだかねー。あーあ(溜息

今回は「家族はつらいよ」です。
今、まさにこう言いたい時。
家族って、辛いよね。
幸せだけど、辛い面も大いにある。
キャストはご存知、
「東京家族」と同じ面々。
もうプロが演じる喜劇って最高。
ちょっとのシーンでも
全力で笑いを取る!という(笑)
役者陣も愉しんで作ったんだなあと感じ、沢山笑わせて頂きました。
そうして、
沢山頷きました(^_^;)
頷き過ぎて首もげそうなくらい(笑)
ほぼ満席の劇場も、
頷き、笑い、飽きれ、
そして最後には
じーんと感動していて、
観客席には謎の一体感が!!(笑)

家族って何でしょうね。
家族だから我儘を言い、
家族だから感情を剥き出しにし、
家族だからこそ恥ずかしい気持ちにも
哀しい気持ちにもなる。

可笑しくて
哀しくて
煩わしくて
それでも愛しい
のが「家族」というカタチなのかな
なんて、じんわりと思いました。

端から見る分には、
他所の家族の問題は面白いんだけど、
うちに帰ればうちに帰ったで、
我が家の家族も
映画並みに色々バタバタだわ
と思う訳です(^-^;)
うちもうちで、
他所から見れば幸せ一家の面白話だけどね。
結構大変ですわよ。

それでも、
何とか家族と一緒に歳を重ねて行くのが人生なんだなあと。
同情ではなく、
共感を求めていた時期だったので、
この映画を鑑賞できた事は、
また自分の置かれた状況と
家族とを見つめる
良い機会となりました。

つらいよー
と言いつつ、
日々は過ぎて行くのです。

山田監督は、
人物の描き方が本当に素晴らしくて!!
人間の狡さ、
女の怖さ、
男の甘え
そして、
人と人との絆を
確認できる、
そんな物語を魅せて下さいました。

また「東京家族」を見て
「家族はつらいよ」を見て
「東京物語」を見てみたいです。
そういえば、
寅さんも家族はつらいよと通じる部分があるわけで、
なるほどやはり家族を描いたら山田監督の右にでるものはいないということですね。

次の月イチは何かなあ。
気分転換を図りつつ、
次へと進むのです。
スポンサーサイト

プロフィール

しっぽ

Author:しっぽ
好きなもの:折笠愛・小林優子・カーディガンズ・江國香織・森茉莉・紅茶・演劇鑑賞

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

☆おすすめ☆

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。